個人情報の取り扱いについて

1. 個人情報保護基本方針

システムハウジング株式会社(以下「当社」といいます)は、お客様との不動産取引に関する個人情報の取り扱いについて以下の通り適正な取扱いと保護・管理に努めます。

2. 個人情報収集の目的

  • 不動産の売買契約又は賃貸借契約の相手方を探索すること、売買、賃貸借、仲介、管理等に関する契約(連帯保証契約を含む)を締結すること及び契約に基づく役務を提供すること。
  • 役務、情報を提供するために郵便物、電話、電子メール等により連絡すること。
  • お客様からのお問合わせに応じるため及び前項の目的を達成するために、必要に応じて保管すること。
  • 宅地建物取引業法第49条に基づく帳簿及びその資料として保管すること。

3. 個人情報の利用

  • 当社は、前号記載の目的の達成に必要な範囲で、当社及びその関連会社、契約の相手方及び売買・賃借希望者、他の宅地建物取引業者、指定流通機構、物件情報を書面又はインターネットで提供する者・団体・広告会社・融資に関わる金融機関、登記等に関わる司法書士、その他専門家、提携損害保険会社、不動産管理業者、保証委託会社に対して、収集した個人情報を開示しその利用を認めます。
  • 契約の相手方探索のために指定流通機構に対して物件情報を提供する場合及び指定流通機構に登録されている物件についてご契約される場合には、個人情報等を次のとおり利用致します。

A 契約が成立した場合には、その年月日、成約価格等を指定流通機構に通知致します。

B 指定流通機構は、物件情報及び成約情報(成約情報は貸主様・借主様の氏名を含まず、物件概要・ 契約年月日・成約価格などの情報で構成されています)を指定流通機構の会員たる、宅地建物取引業者や公的団体に電子データや紙媒体で提供することなど、宅地建物取引業法に規定された指定流通機構の業務の為に利用致します。

  1. 提供される情報は、氏名、住所、電話番号、物件情報、成約情報その他必要な項目です。
  2. 提供は、書面、電話、電子メール、インターネット、広告媒体等の手段で行います。
  3. ご本人様から、お申し出がありましたら、提供は中止致します。

※専属専任媒介契約、専任媒介契約が締結された場合には、宅地建物取引業法に基づき指定流通機構への登録及び成約情報の通知が宅地建物取引業者に義務付けられます。

4. 個人情報の管理

  • 当社は、第三者がお客様の個人情報に不当に触れることがないよう、合理的な範囲で厳重に管理いたします。
  • お客様の個人情報の閲覧は、個人情報の適切な取り扱いに関する教育を受け、当社が認めた者に限定します。
  • 以下の場合を除き、個人情報を当該お客様の同意を得ずに第三者に開示・利用を認めることはいたしません。
  • 裁判所、検察庁その他司法当局、弁護士会又はこれらに準ずる機関から個人情報の開示を求められた場合
  • 法律により開示が要求された場合
  • その他前号記載の目的の達成に必要であると当社が合理的に判断する場合

5. 個人情報の管理責任者

システムハウジング株式会社 代表取締役 石川大輔

6. 個人情報の統計的利用

お客様は、当社が個人情報から個人の特定を不能とするデータを抽出し、当該データを市場動向に必要な統計、分析などに利用することに了承するものとします。

7. 個人情報の訂正・削除

  • お客様が、個人情報の訂正を希望する場合は、ご本人からの申し出により最新情報への訂正を受け付けいたします。
  • 契約成立後の個人情報は、宅地建物取引業法により取引台帳などとして5年以上保管されます。

8. 個人情報の開示

個人情報の開示や削除については、当社宛ご連絡下さい。
原則として本人であることを確認の上、受け付けいたします。

9. 本規約の変更

当社は、本規約を随時変更することができます。ただし、変更があった場合は変更日を本規約最下部へ表示します。

2005年4月22日
システムハウジング株式会社

top