横浜市高齢者向け地域優良賃貸住宅

申込・入居資格

横浜市高齢者向け地域優良賃貸住宅のお申込・ご入居には、次の要件すべてを満たす必要があります

1.申込者本人が満60歳以上で、自ら居住するためのものであること

他人に貸したり、セカンドハウスとして利用することはできません

2.同居者がいる場合は、次のいずれかに該当すること

入居資格を有する方以外の同居はできません

① 配偶者(以下の要件を満たす内縁関係及び婚約者を含みます) 年齢は問いません
●内縁関係の場合・・・
住民票に「未届の夫」または「未届の妻」とある方。
●婚約中の場合・・・
資格審査時にそのことを証明し、かつ鍵渡しまでに婚姻した旨の公的証明書(婚姻届受理証明書)を提出できること
② 満60歳以上の親族(六親等以内の血族または三親等以内の姻族)
③ その他、次のいずれかに該当する方
●本人または同居者の介護を行う方(年齢、続柄は問いません)
●本人または満60歳以上の同居者が扶養している児童(満18才未満)

※同居者がありながら、不自然に別居して単身で申込むことはできません。

※戸籍上の配偶者があり、離婚を前提として申込む場合は次のいずれかに該当すること
①入居手続きまでに離婚が成立する方(離婚が成立しない場合は、入居することができません)
②申込時において、住民票で引続き1年以上の別居が確認でき、かつ離婚の意思が確認できる方。
(資格審査時に離婚の意思を確認する書類を提出する必要があります。)

3.本人または同居者が、横浜市内に在住または在勤していること

4.本人及び同居者が日本国籍、または住民登録を行っている外国籍の方

5.入居にあたり、以下のいずれかの健康状態にあること

① 入居時に、自立した生活ができる健康状態にある方
② 本人または同居者(自立生活ができる健康状態)の支援により日常生活を営むことができる方

※単身で日常生活に常時介護を必要とされる方でも、在宅介護の体制を確保することができれば入居資格が認められます。

6.本人及び同居者に住民税の滞納がないこと

7.連帯保証人と身元引受人を立てられる方(要件を満たせば同一人でも可)

連帯保証人 原則として横浜市内に在住している親族
入居者の賃貸借契約に関する一切の債務を入居者と連帯して履行できる方
身元引受人 入居者の身体状態に変化があった場合に適切な態勢が整えられ、契約終了時には入居者の身柄及び家財等を引き取れる方

8.賃貸借契約時に緊急時の連絡先となる方を届け出ることができる方

9.家賃の3ヶ月に相当する敷金を指定する日にすべて納入できる方

10.申込者及び同居者が「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」第2条第6号に規定する暴力団員でないこと

top